ろ過器の浄化はフィルターの性能で決まる

浄水器は水道水を浄化する目的で使う設備で、内部にはろ過器でもあるフィルターが取り付けてあります。

水道の水には様々な不純物が含まれているのですが、これらの不純物は従来機にされる人は少なく、浄水器を使う人の数もそれほど多いものではありませんでした。しかし、ミネラルウォーターが広まると水道の蛇口から流れる水は美味しくない、カルキの匂いが気になったりサビの味がするなど蛇口から流れるものは主に洗い物や洗濯、シャワーなどで使い飲料水はミネラルウォーターやウォーターサーバー、浄水器を使って浄化させたものを使う人が増えています。

最近は、水道の水を使ったウォーターサーバーも登場しているようですが、冷水と温水を常に使える魅力は大きく今までの浄水器から切り替える人も多いといいます。美味しい水に替えることができる浄水器の要となるのは、ろ過器ともいえるフィルターですがろ過器による水質の変化はフィルターの性能で決まるといっても過言ではありません。フィルターを目にしたとき網目になっていることを知っている人は多いかと思われますが、この網目の大きさにより不純物をどのくらい取り除けるのかが決まります。一般的には、ミネラルなどの成分はそのままにして塩素やサビなどの物質をシャットアウトするタイプが主流ですが、中にはRO膜と呼ぶ特殊なフィルターを使ったものなどの場合は、純水でもある不純物を限りなくゼロに導くタイプも登場しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *