タンクや水槽の水をきれいにするろ過器

タンクや水槽などに水を貯めておくと、いくら気を使っていてもいつのまにかゴミが入り込んでしまうものです。

ゴミが多くなると水の再利用が難しくなり、フィルターなどの機器の寿命も短くなってしまいます。このように汚れがちな水がある場合には、ろ過器を使うのがおすすめです。ろ過器とは、内部にフィルターなどを入れることで、通過する水をきれいにするための装置です。フィルターは水は通すが細かなゴミなどは通さないよう作られており、出てきた水は不純物が取り除かれきれいになっているという仕組みです。

タンクや水槽などでろ過器を使う場合は、排水口のところに取り付けるのが一般的です。これにより水を利用しようとして出す時に不純物を取り除くことができ、効率よく再利用ができるようになります。取り除くと言っても、一つのフィルターだけで機能させているわけではありません。なぜなら不純物の種類にも様々なものがあり、それらに適したフィルターを取り付ける必要があるからです。例えば人が入るプールや浴槽などでは、水の中に紛れ込むことがあります。

これらを全てフィルターで除去していると、すぐに交換が必要になってしまいます。そこでこのように大きめの不純物に対しては、配管の先端に金網などを取り付けることで対応します。一方で細かな不純物に対しては、特殊な砂などが用いられます。水を素早く通す一方で不純物は砂中に残るため、水の純粋度が高まるという仕組みです。ただし雑菌などを取り除くことはできないので、消毒用の薬液などを入れる装置も合わせて取り付けられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *