工場の排水もろ過器で安心

工場の中で使い終えた水は、そのまま下水に流すことができないためろ過器を使って下水に流すことができる水に浄化させる、これが企業側の義務になっています。

有害な物質が含まれている工場排水を下水に流せば、その水は河川に流れやがて海に注がれるなどで自然を破壊してしまう、過去にはこのような事態を招いてしまった日本ですからろ過器の役割はとても高いものだといえましょう。一度に大量の水をろ過するためには、巨大な装置が必要になって来ますが処理能力が高い製品が多くなっているのでそれほど大きな装置でなくても浄化処理は可能になっているようです。また、工場の中ではモノづくりが中心になるため浄化装置が大きくなるとスペースを取り過ぎてしまい本来の作業場所が少なくなるなど、コンパクトで設置スペースが取られないろ過器に注目が集まっています。

砂利や石、活性炭などを使っているタイプもありますし、スプリングを使いバネの収縮を利用したタイプなどいろいろなフィルターの種類があります。また、装置の中には段階ごとにタンクがわかれていて最初は砂ろ過で浄化させた水を活性ろ過で処理、軟水や純水を取り出すタイプなどもあり食品工場などで使われているろ過器は食料品ならではといえます。工場排水で使うものは純水にする必要はなく、主に自然を破壊しない安心して流せる水に替える目的で使う装置ですから、処理能力が高く有害な物質を取り除ける機能が求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *