ろ過器は身近な施設で使われています

ろ過は水中に含まれている汚濁物質などをきれいにすることです。

汚濁物質や異物などを含む液体や気体などを、細かな孔があいている材料に通すことによって、孔より大きな粒子を分離することができます。例えばプールや浴槽水の場合、ろ過器の砂やカートリッジなどで毛髪や垢といったゴミを除去することが可能です。ガスの場合、セパレーターやガスフィルターなどで固形物を除去していきます。空気の場合空気清浄器のフィルターによって花粉を除去したり、水道水の場合浄水器フィルターでサビなどを除去することが可能です。

ろ過器はろ過材を搭載している装置で、一般に業務用のろ過器という場合、液体のろ過などを目的とすることが多いでしょう。浴槽やプールなど水をタンクに送ったり、ろ過材を通過させながら汚濁物質を除去し浴場やプールなどに還流することが可能です。装置の推進力について、供給液側とろ液側との差圧によってろ過処理は進むことができます。ろ過装置の種類は多岐にわたっていて、例えばケークやケークレス、清澄などが対象です。この他にも圧力やろ材、速度といったさまざまな方式により名前が呼び分けられます。

いろいろなメーカーからろ過装置が販売されていて、現場に応じて選択することが可能です。中には耐蝕や耐候性などに優れた装置があり、自動運転タイプになっていて積算タイマーからろ過から洗浄まで自動的に行うことができるので便利です。便利なカートリッジ式もあり、いろいろなオプションを追加することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *