ろ過器は、ろ材など用途に応じて選ぶことが大切

水や気体に混ざった固体を、多孔質のフィルターなどを通すことで固体を分離する方法をろ過といいます。

ろ過を利用して液体などを清浄にする装置がろ過器です。ろ過器は浄水場やプール、入浴施設といった一般的には液体のろ過を目的として用いられます。ろ材にはいくつかの種類があり、用途に応じて選ぶことで理想の水質が実現できます。もっともよく使用されるろ材は、セラミックです。バクテリアなどの細菌が繁殖しにくく、長く使える点がメリットででしょう。ガラスは水質に影響を与えにくい点が良くいものの、セラミックに比べて耐久性で劣ります。この他スポンジなどもろ材のひとつです。ろ過の三要素として、汚れた物質をどれだけの量分離できるかを表す効率と、フィルターを流れる液体の量を表す速度および、汚れた物質で目詰まりを起こし液体が流れなくなるまでの時間を表す寿命があります。

使う場面によって、これら三要素を考慮すると、目的に最適なろ材を選ぶことができるでしょう。ろ過器は実に多くの企業が製造しており、マンガンや鉄といった対象物で選ぶことができますし、あるいは処理する容量で探すことも可能です。細砂や珪藻土を用いたり、製造企業独自の技術を取り入れ、効率的なろ過を実現します。家庭用浄水器も、ろ過を活用した技術のひとつですが、蛇口直結型や据え置き型などライフスタイルを問わず選べるのが魅力です。ろ過技術は日常生活の見えないところで、広く活躍しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *