省エネと再生エネルギー

近年の省エネを意識した家電や取り組みが注目を浴びており、ここ数年での冷蔵庫や空調機など電力の省エネが進んでおり、節電やエコエネルギーを意識した商品開発が進められています。この世界は自動車をはじめ色んな機械の動力をエネルギーとして活用しています。そのエネルギーは昔から石油、石炭などの資源が限られているものを使用していますが。昔から石油や石炭などの使用を過度に使いすぎたため数十年後に無くなってしまうと言われています。

代わりとして代用するようなものが、省エネルギーとして期待されています。そのようなことを再生可能エネルギーと言います。今我が国のエネルギー消費は工場などの産業部門は年々減少しているものの、事務所・商店や家庭などの民生部門と自動車などの運輸部門での増加が大きいため、全体としては増加傾向となっています。特に家庭部門は、第一次石油ショックがあった1973年度から2017年度までの間に、約2倍に増加しています。

このように日本でも増加傾向にあるため、今後も世界的な人口増加が見込まれるため更なる需要がみられると思われます。このため再生可能エネルギーをより効率的に使えるようにしていくべきであるはずです。省エネは節電などを一人一人意識していくだけでも、また違って効果的な部分も出てきます。これからは石油などの資源に頼らず、新エネルギーの活用を見出していくことが大切になりますが、これからの時代必要以上のエネルギー必要などは使用しないように考えていくべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *