アルファラバルの概要について

アルファラバルという企業をご存知という方は、地球環境についての造詣が深い方でしょう。この企業は、昨今世界各地で声高に叫ばれている再生可能エネルギー対応機器を数多く開発、製造されている世界的に著名な会社です。1883年に創設され、北欧・スウェーデンに本社を構える長い歴史がある会社となっています。設立当初は戦闘機や船舶にエンジン開発を専門になされていましたが、1950年以降は原子力・火力発電に必要な発電タービンの製造に主軸を置くようになりました。

現在は再生可能エネルギーの生成の必要な機器を生産され、エネルギー分野に特化しています。アルファラバルの経営指針に掲げられているのは、「自然を守る産業活動」です。この指針は創業者であるマイケル・アルファラバルが提唱した言葉であり、公式WEBサイトのトップページにも記載されて現在も重んじられているほどです。アルファラバルが製造している再生可能エネルギー対応機器は太陽光パネル・熱交換器スケールなどであり、日本にも輸出されています。

地球は今、かつてないほどの温暖化現象が顕著にあらわれている状態です。世界各地で異常気象・平均気温の上昇が深刻になっていますが、これらの原因となったのは我々の日常生活で欠かすことができない電力を生むための発電行為に起因します。アルファラバルでは自然を守るための新たな発電技術を日々研究されており、その集大成として今は、太陽光パネルと熱交換器スケールを販売されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *