熱交換器は加熱冷却の要

熱交換器は日々の暮らしになくてはならない部品の一つです。家庭においても、冷蔵庫やエアコンに必ず搭載されており、冷却、加熱機能の中枢を担っています。さて、エアコンの熱交換器については、エアコンのフィルターを外してみれば確認できるようにフィン構造になっています。冷媒に対してコンプレッサーで圧力を加えることで、フィンの温度を調整することができ、たとえばフィンが熱くなっている場合はフィンに対して大量の空気を送り込めば暖かい風を送りこむことができます。

エアコンの室外機にも同様に交換器が用意されており、暖房運転時は冷たくなっています。これをまわりの空気によって温めることができればその分室内の交換機の温度は上昇し、結果的に室内の温度を温めることができるわけす。このように、部屋の外と中の熱を交換することから、熱交換器と呼ばれるわけです。家庭用としての用途の他に、産業用にも広く使われています。

加熱用ボイラーの他、半導体製造工程、食品の製造工程等、一台の熱交換器により、流体の圧力を調整することで、冷却、加熱を同時にこなすことができるのが何よりの利点となります。産業用途においてはフィン形式の他にもプレート式、チューブ式等、多様な形態があり、それだけ幅広い分野で使われているということになります。加熱、冷却は電力を多く使用する工程だけに、熱交換器の効率を良くすれば省エネにもつながる、非常に重要な部品といえます。熱回収のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *