熱回収で循環型社会への一歩を

熱回収を英語で言うとサーマルリサイクルになります。廃棄物を単に燃やすだけでなく、燃やすときに発生する熱エネルギーを回収して利用することです。循環型社会を作り上げようという環境問題・人口問題にも結びつく資源を大切にして活用しようという流れで発生してきました。具体的に行われているが、焼却熱を利用した温水プールや廃棄物発電などが考えられます。

今まで捨てるだけであった資源にもう一度焦点をあてようという動きです。寒冷地では、吸気装置で取り入れた外気を一度暖めてから室内に送り込む装置が熱回収装置として取り入れられています。換気による室内温度の低下を防ぐために強制吸排気方式に熱回収装置を組み込むことが多いです。プラスティックは、今まで埋め立てで処理し不燃物としてとらえられてきました。

実は、純石油製品であり、石油や石炭と同等の発熱量を持っていることがわかりました。そのためプラスティックをサーマルリサイクルすることで大量の熱エネルギーを回収することができます。これを使うことによって、今まで火力発電で燃焼されてきた原油を直接ではありませんが少なくすることが可能になります。考え方を変えるだけで資源ともなりうることは、従来の思い込みを変換さえるきっかけになります。

まだまだ廃棄物を利用できる余地は残されているはずです。エネルギーを蓄えておけないのなら、その使い方を変えてみることもひとつのやり方です。熱回収をすすめることで、いらなくなったモノが資源に変えられるなら未来の循環型社会は明るくなることは間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *