熱交換器のスケール除去の必要性

熱交換器は排水するだけになった熱いお湯とこれから温める前の冷たい水のエネルギー交換をして、冷たい水を温める装置です。ボイラー、冷凍機などの設備のある工場では必ずある装置です。この装置があることで排熱を再利用することができ、省エネに効果を発揮します。熱交換器は単に熱い水と冷たい水を流しているだけですが、定期的にメンテナンスが必要です。

それは水を通る配管内にスケールと言われる堆積物が管内内側に積もっていくからです。この堆積物は管内でどんどん大きくなり、配管内の水の通りを悪くしていきます。水の通りが悪くなると熱交換の効率がダウンしていき、エネルギーをムダに捨ててしまうことになります。熱交換器にはチューブタイプやブレードタイプがあります。

装置を分解して管内を洗浄する方法もありますが分解していく工程非常に面倒です。装置をばらして洗浄する方法以外には、薬剤を水に溶かした洗浄液を熱交換器に流して、スケールを溶かす方法があります。この方法でしたら、装置を分解することはなく、配管の操作だけでスケールを溶かすことができますので非常に簡単です。薬剤を溶かして配管に流し込むだけですが、スケールの程度、種類により薬剤を選ばなくてはいけません。

まずは専門家にスケールの分析を依頼しますが、これは流している水でほとんど決まります。熱交換器内の清掃は定期的に行う必要がありますので、工場の生産が止まるときなどを狙って行うのがいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *