ヒートポンプの原理とその構成する機材

ヒートポンプには、圧縮機・凝縮器・膨張弁・蒸発器といった機材から成り立っており、それぞれを冷媒を注入した配管が通ることでその機能を担っています。蒸発器は外気より熱を吸収することで冷媒を蒸発させる熱交換器のことで、蒸発された冷媒は圧縮機で圧縮されます。圧縮機で圧縮された冷媒は、高温・高圧状態のガスとなり、それが凝縮器を通ることで熱を放出する形になり、それが液体化されるので膨張弁で減圧させることでまた蒸発器に戻るという過程をたどります。ヒートポンプはそのサイクルを繰り返すことで室内を温めたり、給湯したり、他にも冷蔵や冷凍などを行う仕組みになります。

ヒートポンプの優れた点は、ヒーターなどの電熱を一切利用せず、圧縮機やファンなどを動かす動力源だけ電気を使用することとなるため、電気の消費を低く抑えることが可能です。つまりランニングコストの削減に貢献するなどして、家庭の給湯器で採用されることも多くなっています。ヒートポンプの原理はエアコンでも採用され、エアコンでは四方弁という弁が存在し、その弁によって冷媒の移動の方向を切り替える役割を持たせています。つまり夏は涼しい風を出して、冬は暖かい風を出す様にすることが可能です。

さらに除湿を行う機能もあり、室内の熱交換器が空気中の熱を奪うことで温度を下げ結露させ、それをドレンで外に排出させる仕組みとなります。一方、結露された空気は湿気がない乾燥された状態になるため、それを吹きだすことで除湿を行います。ろ過器のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *