マルチサイクロンの用途は

マルチサイクロンは小型のサイクロンを複数並列に設置したものです。サイクロンは円筒形の中に気体や液体を勢い良く投入することで筒の壁に沿って旋回しながら降下していきます。このさいに遠心力が働くため重たい粒子は壁方向に分離されて下方向に取り出されます。一方で軽くなった流体は中心部に集まり上昇し、中心上部から出ていきます。

このような仕組みであるため効率よく気体や液体を分離するために利用されており、近年では家庭用掃除機にも採用されています。一方でマルチサイクロンとは小型のサイクロンを使用したものです。複数のサイクロンを設置する理由としては、小型のものほど効率が良い傾向にあるためです。このため大型のサイクロンを作るよりもマルチサイクロンの方が効率がよくまた大規模なものを作ることができます。

マルチサイクロンの用途としては主に集塵装置としての用途です。メリットとしては送り込む風量さえ確保できれば気体と塵を分離することができますし、また火気を使用しないので可燃性のガスであっても集塵することができます。また仕組みとしては塵を含む流体を送り込むだけで気体と塵を分離することができるのでフィルターによるろ過と比べてメンテナンス性に優れますし複数のサイクロンによって構成されるので一部に不調があっても他がその機能を保管するため長時間稼動にも向いています。また最終的にフィルターで気体を浄化するにしてもマルチサイクロンを使ってあらかじめ塵を分離しておくことによりフィルターの交換頻度を下げることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *