デスケーラーを使用したスケール除去

長年の使用による熱交換器内部にたまるスケールは、いったんたまると凝固してはがれにくくなり、除去することが非常に困難になります。配管内を閉塞させるスケールは設備本体のパフォーマンスを低下させ、燃料コストを上昇させます。これらスケールの除去に特化したデスケーラーを使用することで、問題の解決とメンテナンスのコストを大幅に下げることが期待できます。従来の洗浄によるスケールの除去は、洗浄を重ねるごとに経年で配管が錆で腐食する可能性がありました。

強い塩酸系の薬剤の使用は人体にも害を及ぼし、作業中においても人体の危険は避けることができません。実際に凝固した段階では設備を開放して付着した物質を取り除くために、高圧の洗浄機での除去が必要になり、設備によっては長時間の停止が避けられません。デスケーラーによるスケール除去は単一の液による洗浄のため、手間も省かれ金属への影響を抑えることができます。人体への影響においても、長時間の曝露による作業においても問題はありません。

デスケーラーの使用は洗浄液を何度も通す必要がないため、設備への負担は最小限に抑えられます。作業工程を圧縮できるために時間短縮も可能になり、コスト削減にもつながります。人体への影響も少なく、環境にも配慮した形で作業後の処理が行えます。処置が簡単に行えることで、定期的なメンテナンスも容易になり、メンテナンスにかかわるコストも削減できます。

早めのメンテナンスを心がけることで、設備の寿命を長く保つことができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *