デスケーラー使用による経費削減

熱交換器導入後のメンテナンスは、作業的にもコスト的にも日常業務の中で負担になってきます。一般的な塩素系のスケール除去剤は設備の金属に負担をあたえ、長時間の作業を行う人体を危険にさらします。カルシウム性のスケールは凝固すると剥離することが困難になり、配管内で凝固すると機器のパフォーマンスを落とし、最終的には雇用してしまいます。デスケーラーは高い酸性でありながら金属への腐食や参加といった影響がなく、使用時における人体への危険性も低減できます。

使用できる用途も様々で熱交換器内のスケール除去や配管内のつまりはもちろん、カルシウム系のスケールの凝固はすべて取り除くことができますし、タイルや化粧板の白く濁ったくすみやくもりを取り除くこともできます。デスケーラーは一部金属をのぞいてあらゆる金属の錆の除去や、トイレ掃除における尿石除去などにも使用できます。定期的なメンテナンスで発見される各部分のつまりや損傷を改善することで、施設設備の寿命を延ばすことができ、定期的なメンテナンスにかかるコストと時間を抑えることができます。機械内部や配管内部などは目視の及ばない箇所で、通常点検でも確認ができません。

日常点検の中に定期的な洗浄作業を取り入れることで燃料コストを削減し、長期停止に至る故障のリスクを軽減できます。デスケーラーの使用で難しかった洗浄を簡単にすることで、作業への負担を減らし安心して日業の業務を行えることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *