熱交換器の仕組みと実用例

熱交換器は、より高温度の流体からより低温度の流体へ熱を移動させる機械です。温めた食べ物や沸かしたお風呂が放っておくと次第に冷めることからも分かるように、熱は高温から低温へ移動する性質を持っていますが、この基本的な原理にとてもよく沿った仕組みで動く機器と言えます。この機械は、熱交換器に対して高温、低温の二つの流体をそれぞれ流し、熱エネルギーを交換させるという仕組みを最もよく取ります。この方法では二流体は直接は接し合わずに両者の熱が交換され、次第に高温の流体の温度が下がってくることになるのですが、直接的に二つを接し合わせて熱交換する仕組みを取る熱交換器もあります。

二流体が直接触れ合う方式は直接法式、触れ合わない方式は隔壁方式と言われています。熱交換器は半導体や液晶の製造工程や、食品などの製造において現れる冷却の工程など、工業、産業においてよく用いられますが、一般的に目にするものにも実は広く使われているものです。エアコンや自動車のラジエーターなどがその代表例です。エアコンは室内の空気を熱交換して温風や冷風に変え、流すものですし、自動車のラジエーターはエンジンを冷やすために必要な冷却水が、車が走るときなどに温度が上がっていかないよう、空気によって熱交換の仕組みで冷却しています。

熱は温かい方から冷たい方へ移動する、という単純な仕組みがこのように応用され、身近だけれど生活に必須な色々なものを支えているのは非常に興味深いのではないでしょうか。熱交換器のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *