アルカリ洗浄液の特徴や注意点

アルカリ洗浄液は、そのネーミング通りアルカリ性の性質を持つ洗浄液のことを言います。液体の性質の強さは0から14の㏗の数値で表され、この㏗が8より大きいものをアルカリ性と言い、その中でも㏗が8よりも大きく11以下を弱アルカリ性、11より大きいものをアルカリ性と区別されます。㏗の数値が大きい程性質が増し、洗浄力が高いことを意味するのです。よってアルカリ洗浄液を選ぶ際に、強い洗浄力のものを求める時にはアルカリ性のものを、お肌などに優しい洗剤にしたいと考えた時には弱アルカリ性のものを選ぶのがおすすめです。

アルカリ洗浄液は、それが持つ正反対の性質とされる酸性の汚れを落とすのに適しているのが大きな特徴のひとつに挙げることが出来ます。油が酸性の汚れの代表的なものであり、キッチンの油汚れや鍋の焦げ付き、リビングにおける手垢や皮脂汚れなどを落としたい時にアルカリ洗浄液を使用するのが効果的であると言えるでしょう。油汚れを落とす時などに有効なアルカリ洗浄的で、便利に使用したいのですが、使用する際には注意する必要もあります。㏗が最高レベルの14に近付く程、性質が強まり洗浄力も増しますが、その分手肌への影響も増すという懸念があります。

お肌に必要である油分なども落としてしまうので、肌荒れを引き起こす可能性もあるのです。特にお肌が弱い方や敏感な方は、ゴム手袋などを付けるなど使用する際に注意する必要があることも念頭においておくことも大切だと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *