業務用と一般家庭用のアルカリ洗浄液は異なる

アルカリ洗浄液は油汚れに効果的なので、一般家庭でも工場でも用いられています。しつこい油汚れを落とす事ができますが、一般家庭用と業務用では強度が異なります。一般家庭でキッチンや食器を洗うアルカリ洗浄液は、主に中性か弱いアルカリ性の洗浄液が販売・使用されています。PHで数値化されており、PH7から11位までに抑えられているのが一般家庭で用いられている強度です。

アルカリ洗浄液はPHの数値が高い程強くなり、強いとそれだけ汚れに対しても効果的で高い洗浄力を発揮します。しかし人間の肌には皮脂やたんぱく質と言った酸性も含まれるので、油を分解するアルカリ性は肌のトラブルを引き起こす要因にもなります。だから一般家庭で多用される洗浄液の強度は、安全を考慮して低く調整されています。対して業務用の場合は強度が一般家庭よりも高く、業務や用途から高い洗浄力が求められています。

協力ではありますがそれだけ危険度も増すので、取り扱いは慎重さと注意が求められます。一般家庭用では素手でもトラブルが起こりにくいですが、業務用のアルカリ洗浄液の強度は素手で使用すると火傷してしまう程強力です。手だけではなく素材自体も傷つけてしまう可能性もあるので、使用方法と注意点は必ず守る必要があります。業務用の商品も現在は一般人でも購入する事が可能です。

頑固な汚れで困っている際には使用してみる価値はありますが、洗浄力と比例して危険度もますのがアルカリ性の洗浄液である事は知っておく必要はあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *