アルカリ洗浄液の特徴と使用の注意点

アルカリ性の洗浄液は、家でも工場でも活躍している程に用途が広い種類です。油やたんぱく質と言った酸性の汚れに対して強く、一般家庭でよく食器洗浄に使用されている中性洗剤でも落とし難い場合、アルカリ洗浄液を用いる事で簡単に汚れを落とせる場合も多いです。食器やキッチンの油汚れ以外にも、洗濯用洗剤としても皮脂汚れを分解して綺麗にしたりと活躍しています。市販でよく用いられるアルカリ洗浄液は、肌に考慮して弱めですが、工場などの業務用の場合は非常にしつこい汚れを落とす必要があり強めである場合が多いです。

取り扱う場合の注意点としてはやはり油を分解する力があるので、手に含まれる皮脂も分解してしまい荒れてしまう事を予防する必要がある事です。業務用だと特に成分は強いので、そのまま使用した場合には皮膚が溶けてしまう事もあります。素手で使用するのではなくゴム手袋などをする事が基本となり、もし皮膚に付着した場合にはすぐに洗い流す処置が必要です。洗浄力が強いアルカリ洗浄液ですが、何も無敵の洗浄液ではありません。

油には強いですがお風呂でよく見かける水垢や、トイレでよく現れる尿石には弱い性質があります。また、アルミニウムを溶かす性質があるので、それらの器具や調理用具の洗浄には使用を避けなければなりません。現在はアルミニウムに対しても問題なく使用できる商品も開発されています。この様にアルカリ洗浄液には相性がありますので、適した用途が求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *